八戸スピリチュアルカード占い アンナブルーシャ

青森県八戸市でナンバー1の的中率!リピーター続出の数秘術やスピリチュアルカードセッションによる占いです。 恋愛、結婚、仕事、家庭、会社経営、健康など人生のさまざまな今現在のお悩みの解決の糸口を見つけていきます。

2019年07月

こんにちは~

あっというまに7月も今日で終わってしまいますが

東北の夏は今日から始まります

1年でほんの数週間しかない真夏日を

体中で表現して

お祭を楽しむといった感じです

このために東北人は

寒いなが~い冬をじっと耐えている感じもします


先日もお話しした

The gift from Annabruxa

好評発売中です

おかげさまで増販中

67279905_10220420258644452_7540163891012042752_n


こちらの本は

はっち3Fたまに庵MA-MA

にて買うことが出来ます

この本の使い方は

迷った時

毎日の貴方へのメッセージが必要な時

にお使いください

自分だけにお使いいただいてもよいのですが

職場に一冊おいて毎日のメッセージとして

皆さんでお使いいただくのもよいでしょう

きっと

今の貴方に

ぴったりなメッセージ

出ることでしょう。


お守り代わり


いつもバッグに入れておけるように

小さめに作りました。

来八の際の

お土産やプレゼントに最適です。

英語で表記も

ございますので外国人の方も

お土産にどうぞ!



1
冊 税込3000




ではまた~




こんにちは~

先日八戸にある長者山新羅神社で行われた

野外劇団「楽市楽座」さんの

「かもしれない物語」のゲストでボサノバ出演しました

ここ長者新羅神社は2月には「八戸えんぶり」

8月には「八戸三社大祭」

県無形民俗文化財に指定されている

加賀美流騎馬打毬などが開催されている神社です。

かなりのパワースポットでもありますよ



まず、びっくりしたのは

大きな池でクルクル回る廻り舞台で

360度客席の野外円形劇場

スタッフなしの生演奏

歌ったり踊ったりの音楽劇

IMG_5472


新聞にも掲載されていました

私たちもクルクル回る舞台で

最初はドキドキ

IMG_5473



IMG_5475


IMG_5456


だいぶ慣れてきて ノリノリ

IMG_5457


すっかり楽しめました~


ではまた~











心霊スポット

この季節になるとめちゃフックされますよね〜

現在私が住んでいる青森県にもたくさんあるんですよ!

青森県三戸郡にある地元ではかなり有名な三戸トンネル

「手倉橋隧道」

若者たちが肝試しによく行くという

別名「ずいどうのトンネル」

このトンネルでは昔

暴走族に連れてこられレイプされた女性が上の祠で自殺したことで有名だ。

それ以来、白い車やバイクで通ると怪奇現象が起きると言われている。

順番にトンネルの真ん中に行き

ライトを消してクラクションを鳴らすと

いろいろな霊的現象が起きると言われている

今回は

エイベックスの主催の音楽番組「a-nationTV 」の一部で

「心霊スポットに行ってみた!」

という企画で霊能者として参加させていただきました。

7月20日の土曜日0:15から放映されていたそうです

私は見ていませんが・・・

青森のあるあるネタで噂には聞いていたましたが

私が行った時はそのトンネルはすでに封鎖されており

トンネルを通ることはできず・・・

残念ながら霊的なものを感じることは出来ませんでした。

しかしせっかく行ったので

トンネルの上の方に神社があり

そちらに真夜中にテクテクと山を登り行ってきました。


噂通りたくさんいましたよ〜!

でも

そこでは皆さんが恐れている霊

というより

とても良い霊たちがお盆が近いせいか集まってきていました。


心霊スポットとは後々に

尾ひれはひれで

どんどん勝手なストーリーになっていきますよね。

一言に霊と言って怖がる人もいますが

もともとは人間だったので怖がる必要はありません

そこに残る霊たちは何かを訴えているのです。

生きている人間と同じですね

何かわかってもらいたい時とか

一生懸命訴えるじゃないですか。

それと同じです。


またどこかに「心霊スポット」があれば

是非とも

取材に行きたいと思います。


 

こんにちは~

最近知り合いの方が亡くなりました

年齢はまだ50代です。

その方が最後に一緒に飲んで

おしゃべりしたのは

私です。

彼女はいつものように陽気にいっぱいお酒を飲んでいました

かなり酔っていたので

カウンターで寝てしまいましたが

何とか起こして途中まで送って行きました。



それが最後です。

その夜にご自宅で亡くなってしまいました。

人のろうそくの芯の長さは誰にもわからない

そんな言葉がジーンとしました




私もいつどうなるかわからないと思い

早速2人の息子にラインで

「私が死んだら葬式もしないで

直接火葬場で焼いてもらい(10本くらい赤いバラを一緒に)

骨は沖縄の海に散骨してちょうだい」

と言っておきました。


そこで

ん??

散骨ってはたして勝手にやっていいのか?




「散骨は違法でもなければ合法でもない状況です
多くの方は「散骨って違法じゃないの?」と疑問に感じていると思われますが、正確に言うと合法でも違法でもないグレーゾーンな状態にあり、現時点では、個人が節度をもって行った散骨については、特に法律で罰せられたという事例はありません。

https://www.352-mag.com/sankotsu_after.html

ここに書いてありました!

グレーなんだ~



遺骨をそのまま撒けば遺棄罪になるそうです。

火葬後は遺骨はわりと原形をとどめているそうなので

粉砕しないでそのまま撒けば第三者が発見した時

事件になってしまうおそれが・・・

粉骨する業者や散骨代行業者が調べるとたくさん出てきて


びっくり

何でもお金ですね


粉骨するにあたってなんかの本で読んだのですが


コーヒーミルでごりごり

これなら自分でできそうです。



粉骨したもの80パーセントの人はスプーン一杯くらい

別の容器に入れて自宅供養用に持ち帰るらしい



死んでからもお金がかかるなんて・・・・

できるだけ迷惑はかけたくないですね~




ではまた~




Annabruxa  is a woman with a gift to share with all who are willing to accept it. 

She is a psychic reader, spiritual healer and adviser a who claims to be correct 90 percent of the time. 

She may use Buddha channeling cards 

or read aura “One of the signposts” but she mainly concentrates on the person across 

the table with her strong senses and intuition.

“I tell people what I see for them – truthfully, honestly.

 I help them to accept what comes their way,” Anna said.

“Some people are afraid of good news as well as bad news.

 In some ways they are the same; they can both be overwhelming. 

Some people receive good and bad news in the same way.” 

Anna tells people bad news in a thoughtful way,

 if that’s what she sees, whether or not her client want to hear it. 

She is a positive person and a positive reader, 

so even when she sees something negative in a reading, 

she can help her clients to see that it will not last forever 

and advise them on how to conquer adversity.

“When it is good news, it may not last forever,” she said, 

“but I tell them they should enjoy the moment and not worry about when it will end.”

“If you have faith, the clouds will separate and the sun will shine. 

We’re all dealing with the same types of things in life.

 I encourage my clients not to dwell on the bad. 

We’ve all been hurt by others or been through hard times, 

and I help my clients to move on, and find their own path – what to let go of – 

and in which direction to go,” Anna said. “You can turn negative into positive. 

There is often something better out there and I counsel clients 

and provide spiritual guidance to help them get there, 

or find out what it is they want.”

Anna claims one of the myths about psychic readers

 is that they are not spiritual people, 

but it is quite the contrary. She said most psychics are spiritual advisers 

who are very spiritual themselves. 

She helps people connect to their own spiritual paths, 

whatever religion they are, or whatever it is they believe.

She just provides the guidance, 

the direction or the path to follow to clear up 

what is bothering them. She takes no credit for her readings, 

even when repeat clients tell her just how on-target 

“We have our own emotions to deal” she said 

And while a “veil” of healing and clairvoyant energy comes

 over her during a reading, it doesn’t happen with everyone. 


Anna claims to have many happy, 

repeat clients and there is no standard frequency for readings. 

They come in when they feel the need or if something 

she said is on their minds. Unlike most readers, 

Anna does not have a standard length of time for a card reading,

 it is determined by what she sees and is very individualized for each client.

“A reading is like a story, with a beginning, a middle and an ending, 

that I can sometimes tell in order,” she said. 

“But I think through where is the best place to start

 and to present what they can expect.”

Her rates are reasonable with card readings at ¥3000 

because it provides more in-depth information. 

Repeat sessions that involve counseling generally last for 20 min.

Clients may have a spouse or trusted friend behind the screen during a reading,

 but she generally prefers to have just one person in her studio at a time. 

The client or other person may take notes,

 but she does not permit recording devices.

 Anna has been operating in Hachinohe for the past six years 

and has built her clientele, mostly by word-of-mouth or from her storefront signage. 

She usually does five to 10 readings a week, by appointment, 

and assures total confidentiality for all clients. 

She is one of the few psychics that has registered her business with the town 

and is licensed yearly.

 “My psychic abilities are unlimited.

 I have a strong sense that I’ve developed and I’ve studied,” she said, 

referring to yoga and meditation, 

and learning control over her mind, body and soul.


She enjoys helping her clients with personal relationships 

and career issues, or whatever issues they need to deal with.

She said, “Many people share with me a troubled past and feel helpless.

 I can help them deal with their past, 

but I focus on the future. After all, we can have control over the future, 

but we cannot change the past.”

Anna’s satisfaction comes from clients 

who come back and are not feeling helpless anymore.

“When I help someone, or there has been positive change in their lives, 

it makes me feel at peace,” she said.

The only prediction Anna shared was about the troubling economy. 


Anna’s better a lot sooner than some people think,

 probably within one-and-a-half years

.” She believes “we will be more comfortable then 

and house values and jobs will rebound.

 I have faith during hard times – that we’ll all get through it.”


If you’d like to contact Annabruxa

call her at 0178-43-3937. Her studio is at 3rd floor Hacchi  11-1 Micchamachi Hachinohe.

↑このページのトップヘ