こんにちは。

今日は青森県のパワースポットの一つ

十和田神社をご紹介いたします

三方海に囲まれた青森県は

四季折々に美しい姿を見せる雄大な自然と豊かな風土に恵まれています。

十和田八幡平国立公園に属していて

天然記念物に指定される奥入瀬渓流を抜けると

日本屈指の絶景地十和田湖に到着いたします!

そんな魅力あふれる青森県の代表的な観光スポットの一つ

十和田湖

ここにもパワースポットが存在するんです~!


奥入瀬渓流を抜けて


まずは車で


高村光太郎の乙女の像に向かって進みます

乙女の像は今回見ることができませんでした

すっごくこの時期寒いのです。

とりあえず

乙女の像はこちら

の看板の通りに進むと

お土産やさんが立ち並んでいて

その間を通り抜けると

ありました~!

76706710_488036822064932_8292271217830789120_n


しばらく歩くと整然とした杉木立と

竜神をかたどった手水舎が見えてきて

十和田神社の入口へと至ります。

75564662_477378622881242_4851337638696714240_n


誰もいない~

76618295_2366801336965577_5184463612936192000_n


どうやらこちらがご本尊

 【熊野で修行した南祖坊が、鉄の草鞋と錫杖を神から授かり

「百足の草鞋が破れた所に住むべし」と夢のお告げを得て

諸国をめぐり、十和田湖畔で百足の草鞋が尽きたといいます。

当時、十和田湖には八郎太郎というマタギが

湖の岩魚や水を喰らううちに八頭の大蛇となり

湖を支配していたそう。

そこで、南祖坊は、

その霊験により九頭の龍に変化し二十尋(約36m)の身体を

十曲(とわだ)に曲げ

八郎太郎を退治たという伝説が残っています。

南祖坊を青龍権現として崇め祀った名残りが今もあり

境内の熊野神社には彼の履いていたという鉄の草鞋が奉納されています。】

十和田神社参拝のしおりらしきものに書かれていました。

・・・ん?

でも最初に住んでいたのは

マタギが大蛇に変化したけど

八郎太郎・・・

後から来た南祖坊に乗っ取られたんですよね



まあ

いいか・・・

そんなこんなで

地上第一の霊地は十和田神社。

湖中第一の霊場は御占い場となっています。

ここは古来より竜神信仰の霊倹あらたかな所であって

人智、人力の及ばない処を御神力によって世の安泰を祈る所である。

ということで

このような

占い用のおより紙というのがあるんですが

この紙のなかに薄い半紙のようなものが入っていて

これでこよりを作ります

そのこよりを

十和田湖に投げ入れ

沈むと願いが叶う

沈まないと残念



75439328_572463896852946_434611430059147264_n

76887337_812780359153164_3415057938773966848_n

超~~~強風の中

私もやりましたが

1回目は風邪で吹き飛ばされ湖岸へ飛んでいき

二回目は湖の波にのまれました・・・


かなうのかどうか・・・


全く分かりませんでした


もう一つ面白いと思ったものは

78838555_514175725979176_3336917747626934272_n


干支のお守り指輪です!

これはなかなか見たことないです


金と銀の二つがあって選べます!

私は丙午なので

馬の金をいただきました

お値段は600円

サイズは調節できます


11月もそろそろ終わりますが


いや~

寒かった

皆さんもぜひご縁があれば

いらしてくださいね!

八戸にお寄りの際はわたくしアンナブルーシャも

八戸ポータルミュージアムはっち3F

たまに庵ma-ma

におりますので

お声がけくださいませ



十和田湖は・・・

夏が良いです・・・・



おまけです!

青森のテレビ局ATVの「青森っていいね」という番組で

私のボサノバduoのギタリストのjoeさんがこちらの動画で

「シエスタ」というオリジナル曲を弾いています!

十和田神社の説明付きです!

聞いてくださいね~!

ちなみにこの時の曲名はアンナブルーシャが考えましたよ!




ではまた~